March 12, 2018 / 11:03 PM / 3 months ago

今日の株式見通し=弱含み、国内外の不透明要因で買い手控え

[東京 13日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、弱含みとなりそうだ。前日の米国株はまちまちだったが、円高基調の為替が重しになる。トランプ米大統領による輸入制限発動や森友問題を巡る国内の政治的混乱にも警戒感が強い。

配当権利取りなどの需要が下支えするとみられるが、全般に手控えムードが強い相場展開が予想される。

日経平均の予想レンジは2万1600円─2万2000円。

前日の米国株市場は、ハイテク株に買いが入りナスダック総合は最高値を更新したが、ダウとS&P総合500種はトランプ米大統領による鉄鋼とアルミニウムの輸入制限発動が重しとなり下落して引けた。為替は1ドル106円台前半でやや円高方向に振れている。シカゴの日経平均先物6月限(円建て)清算値、大阪取引所の夜間終値はともに2万1560円と下落した。約160円とみられる3月期末の配当落ち分を考慮しても、現物市場の寄り付きは安く始まりそうだ。

日経平均は前日まで3日続伸した後で利益確定売りが出やすいほか、国内では学校法人「森友学園」への国有地取引を巡り、財務省が決裁文書の書き換えを認めたことで政治的混乱が長引くとの懸念もある。市場では「米国の貿易問題についてもメキシコ、カナダ以外はクリアになっておらず、株式市場の重しになる。積極的に売り込むことはなくても、買いは手控えられそうだ」(SMBC日興証券投資情報部部長の太田千尋氏)との声が出ている。

主なスケジュールは、2月国内企業物価指数が発表される。海外では2月米消費者物価指数が発表される。

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均.N225      21824.03 24129.34 18224.68

+354.83 2018年1月23日 2017年4月17日

シカゴ日経平均先物6月限 21560(円建て)

*内容を追加します。

    河口浩一

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below