May 20, 2018 / 11:09 PM / 3 months ago

今日の株式見通し=しっかり、米中が関税措置をいったん保留

[東京 21日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、しっかりの展開が見込まれる。ムニューシン米財務長官は20日、米中通商協議に関してテレビ番組で「関税措置をいったん保留にすることで合意した」と語った。東京市場では米中貿易戦争がひとまず回避されるとの見方から買い戻しが先行するとみられる。だが、先行き不透明感は払拭できず、節目の2万3000円は抵抗線として意識されることになりそうだ。

日経平均の予想レンジは2万2800円─2万3100円。

前週末の米国株市場は、S&P総合500種とナスダック総合が小幅続落。ダウ工業株30種が横ばいと方向感に欠ける展開だった。シカゴの日経平均先物6月限(円建て)清算値は2万2840円と下落したが、20日に米財務長官が「(米中の)貿易戦争を保留にする。関税措置をいったん保留にすることで合意した。一方、枠組みの執行は目指していく」と語ったことで、米中貿易戦争への懸念が後退。21日早朝の取引でシカゴの米ダウ先物が一時200ドル超の上昇。日経平均先物も2万2900円付近まで戻している。週明けの東京市場でも輸出株などに買い戻しが先行するとみられる。

一方、為替は110円台後半で目立った動きをみせていない。市場では「日経平均は2万3000円を試す可能性もあるが、米中貿易摩擦については先行き不透明感も残る。日米の貿易問題を考えれば円安にも進みにくく、上値は限られそう」(みずほ証券シニアテクニカルアナリストの三浦豊氏)との声が出ていた。

主なスケジュールは、4月貿易統計(財務省)、4月マンション発売(不動産経研)が発表される。海外では4月米シカゴ連銀全米活動指数が発表される。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      22930.36 24129.34 20347.49

+91.99 2018年1月23日 2018年3月26日

シカゴ日経平均先物6月限 22840(円建て)

*内容を追加して再送します。

河口浩一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below