August 19, 2018 / 10:57 PM / 3 months ago

今日の株式見通し=レンジ相場、中国市場の動向次第で振れやすい

[東京 20日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、レンジ相場となりそうだ。米中貿易問題に関する週内の日程を控え様子見ムードが広がりやすい。お盆休暇明けとなるが、国内には手掛かり材料も乏しく、低調な売買が見込まれる。取引時間中は上海株や人民元など中国市場の動向をにらんで上下に振れる展開も予想される。

日経平均の予想レンジは2万2100円─2万2400円。

17日の米国株市場では主要3指数が上昇した。中国やメキシコと米国の貿易協議が進展しているとの報道を材料視した。米紙ウォールストリート・ジャーナルは、米中両国が11月の会合を控え貿易問題の解決に向けて協議する方針だと報道した。だが、米中の貿易問題が早期に解決するかどうかは不透明との見方も多い。シカゴの日経平均先物9月限(円建て)清算値は2万2260円、大阪取引所の夜間終値は2万2250円と現物指数の前週末終値をやや下回る水準だった。週明けの東京市場も小動きで始まりそうだ。

米政府は20日から2000億ドル相当の中国製品への報復関税に関する公聴会を開催する予定。さらに23日には米中が相互に160億ドル相当の輸入製品に制裁関税を発動する。市場では「米中問題に関する今週の日程を考えると動きにくい。国内に固有の材料がない中、下げ止まらない上海株の動向が注目される。日経平均も影響を受けることになりそうだ。米中貿易問題に進展がなければ200日移動平均線(2万2397円87銭=17日)が抵抗線として意識される」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券投資ストラテジストの三浦誠一氏)との声が出ていた。

きょうは国内、海外ともに重要な経済指標の発表は予定されていない。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      22270.38 24129.34 20347.49

+78.34 2018年1月23日 2018年3月26日

シカゴ日経平均先物9月限 22260(円建て)

*内容を追加して再送します。

河口浩一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below