August 21, 2018 / 10:57 PM / a month ago

今日の株式見通し=買い先行後もみあい、米中通商協議を見極め

[東京 22日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、買い先行後にもみあう展開が予想されている。米国株式市場の主要3指数がそろって上昇しているほか、ドル/円が前日から横ばい圏で推移しており、序盤の日本株は続伸で始まりそうだ。その後は、米中通商協議の先行きが不透明なことから積極的に上値は追いづらくなるとみられる。

日経平均の予想レンジは2万2200円─2万2500円。

米株式市場では、フィラデルフィア半導体指数.SOXが1.98%上昇するなど、半導体関連が堅調に推移。小売りや住宅建設セクターでの好調な企業決算も追い風となり、S&P総合500種.SPXは一時1月に付けた取引時間中の最高値を約7カ月ぶりに更新した。

ドル/円は110円前半で推移する一方、ユーロ/円ではユーロ高/円安が進行している。シカゴの日経平均先物9月限清算値(円建て)は2万2310円、大阪取引所の夜間終値は2万2320円となり、現物指数の前日終値を上回った。序盤の東京市場ではこの水準が意識され、堅調な滑り出しが見込まれる。

ただ、その後は日本独自の材料に乏しいことから、手掛けづらくなるとみられる。「半導体関連を含めた値がさ株に見直し買いが入れば指数も押し上げらそうだが、米中の貿易協議などを控えて上値は伸ばしづらい」(アイザワ証券の日本株ストラテジスト、清水三津雄氏)との見方が聞かれる。

シンガポール、インドネシア、マレーシア、インド、トルコは休場。米国では7月中古住宅販売や7月31日─8月1日の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の発表がある。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      22219.73 24129.34 20347.49

+20.73 2018年1月23日 2018年3月26日

シカゴ日経平均先物9月限 22310(円建て)

杉山健太郎

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below