September 10, 2018 / 10:52 PM / 2 months ago

今日の株式見通し=しっかり、円安が支え 懸念材料は残る

[東京 11日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、しっかりの展開となりそうだ。前日の米国株はまちまちだったものの、為替が円安に傾いていることが支えになる。米通商問題などの懸念材料がくすぶっているため、節目の2万2500円に接近すると上値は重くなると予想される。商いが盛り上がらない中、先物主導で上下に振れる可能性もある。

日経平均の予想レンジは2万2200円─2万2600円。

前日の米国株市場は、ダウ工業株30種が続落。S&P総合500種とナスダック総合指数が5日ぶりに反発とまちまちだった。米国による対中追加関税の発動を警戒し、アップルが売られて上値を圧迫した。為替は1ドル111円台前半とやや円安に傾いている。シカゴの日経平均先物9月限(円建て)清算値、大阪取引所の夜間終値はいずれも2万2450円だった。寄り付きは同水準を意識し、高く始りそうだ。

一方、米国による2000億ドル規模の中国製品に対する関税の発動時期や、トランプ大統領が前週末に示唆した新たな追加関税の動きなど懸念材料は消えていない。市場では「貿易問題だけでなく、日本で相次いだ災害の影響についても判然としない。上値は買い進みにくいだろう」(SMBC日興証券投資情報部部長の太田千尋氏)との声が出ている。14日にはメジャーSQ(特別清算指数)算出を迎える。先物・オプション最終売買日にあたる13日に向けポジション調整等で値動きが荒くなることもあり得る。

主なスケジュールは、8月のマネーストック(日銀)、7月第3次産業活動指数(経済産業省)が発表される。海外では東方経済フォーラム(ウラジオストク、13日まで)が行われる。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      22373.09 24129.34 20347.49

+66.03 2018年1月23日 2018年3月26日

シカゴ日経平均先物9月限 22450(円建て)

*内容を追加して再送します。

河口浩一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below