October 8, 2018 / 11:11 PM / 12 days ago

今日の株式見通し=続落、円上昇や中国懸念などが重し

[東京 9日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、続落が見込まれる。国内の連休中に円相場が1ドル113円台前半まで上昇したことが重しとなる。中国景気の先行き不透明感から中国株安・人民元安が止まらないほか、イタリアの財政問題も意識されるなど外部環境の悪化が懸念される。

売り一巡後は押し目買いも入りそうだが、戻りは鈍いと予想される。

日経平均の予想レンジは2万3400円─2万3800円。

国内連休中の米国株は米金利上昇やハイテク株安を背景に総じて軟調だった。中国株安、欧州情勢に対する懸念など外部環境が悪化する中、為替は1ドル113円台前半まで円高方向に振れている。シカゴの日経平均先物12月限(円建て)清算値は2万3625円だった。寄り付きの東京株市場は同水準を意識して売りが先行するとみられる。

取引時間中は中国市場の動向が焦点になる。国慶節の連休明けとなる8日の中国株式市場は大幅下落した。中国人民銀行が週末に景気支援策として預金準備率の引き下げを発表したことは支援材料とならず、売りが膨らんだ。人民元も軟調に推移した。市場では「中国景気の弱さを意識せざるを得ない。日本株の方向性が転換することはないが、決算シーズン本格化前に日経平均は25日移動平均線付近まで調整する可能性もある」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券投資ストラテジストの三浦誠一氏)との声が出ていた。

主なスケジュールは、8月国際収支、9月景気ウオッチャー調査が発表される。Jフロント(3086.T)が3―8月期決算を発表する。海外で重要な経済指標の発表は予定されていない。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      23783.72 24448.07 20347.49

-191.90 2018年10月2日 2018年3月26日

シカゴ日経平均先物12月限 23625(円建て)

*内容を追加します。

河口浩一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below