October 9, 2018 / 10:53 PM / 8 days ago

今日の株式見通し=反発、売られ過ぎの反動で押し目買い優勢

[東京 10日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は反発となりそうだ。ドル/円はやや円高方向に振れているものの、日経平均は前日にかけて4日続落した反動もあり、押し目買いが優勢になるとみられる。大引け後に発表される安川電機(6506.T)の8月中間決算の内容も注目されている。

日経平均の予想レンジは2万3500円─2万3700円。

米国株市場ではダウとS&P総合が小幅安。世界経済の成長を巡る懸念から素材、工業株などに売りが出た。ドル/円は113円付近で、前日からややドル安/円高となっていることもネガティブ材料だが、日経平均は2日終値から約800円下げており、きょうはその反動が出そうだという。

シカゴの日経平均先物12月限(円建て)清算値は2万3525円、大阪取引所の夜間終値は2万3530円を付けている。序盤の東京株市場は同水準を意識して買いが先行するとみられる。

米国でフィラデルフィア半導体指数が下落しており、日本でも電機、機械、設備投資関連などに影響が出そうだが、「前日も相当売られており、押し目買いが入ってきてもおかしくはない」(アイザワ証券の日本株ストラテジスト、清水三津雄氏)との見方が出ていた。

きょうは午後4時に安川電機の3─8月期決算が発表される。これまで日本株は業績拡大期待を背景に上昇してきたこともあり、それを裏付ける内容となるか関心が高い。主な経済指標・イベントとしては日本の8月機械受注の発表、ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁の講演などがある。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      23469.39 24448.07 20347.49

-314.33 2018年10月2日 2018年3月26日

シカゴ日経平均先物12月限 23525(円建て)

*内容を追加します。

杉山健太郎 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below