October 15, 2018 / 11:01 PM / a month ago

今日の株式見通し=もみあい、為替や中国株の影響なければ反発も

[東京 16日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、もみあいとなりそうだ。前日の米国株は下落したものの、円高進行は一服している。日本株は短期的に売られ過ぎのシグナルも出ていることから、下値の堅さが確認されれば買い戻しが入りやすい。

取引時間中は為替や中国株の動向が左右すると予想され、下振れるリスクも残っている。

日経平均の予想レンジは2万2100円─2万2400円。

前日の米国株市場は、金利上昇や企業業績を巡る懸念がくすぶる中、ハイテク株が売られ、主要3指数が下落した。為替は1ドル111円後半で小動きとなっている。シカゴの日経平均先物12月限(円建て)清算値は2万2265円。大阪取引所の夜間終値は2万2210円だった。朝方は同水準を意識し、小安く始まりそうだ。

外部環境面で大きな変化がなく、国内の手掛かり材料も乏しいことから、取引時間中は為替や中国株にらみの展開となる。状況次第では先物主導で値が振れやすいものの、市場では「日経平均は25日移動平均線とのマイナスかい離が5%に接近しているほか、前日の東証空売り比率は48%にも達している。現時点で底打ちの確認は難しいものの、いったん自律反発があってもおかしくない」(みずほ証券シニアテクニカルアナリストの三浦豊氏)との声が出ていた。

主なスケジュールは、9月訪日外国人客数(日本政府観光局)、9月マンション発売動向(不動産経研)が発表される。海外では9月中国生産者物価指数、消費者物価指数、10月独ZEW景気期待指数、9月米鉱工業生産などが発表される。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      22271.3 24448.07 20347.49

-423.36 2018年10月2日 2018年3月26日

シカゴ日経平均先物12月限 22265(円建て)

*内容を追加して再送します。

河口浩一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below