October 22, 2018 / 11:03 PM / a month ago

今日の株式見通し=方向感欠く、手掛かり難のなか中国株や為替にらみの展開

[東京 23日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、方向感に欠ける値動きとなりそうだ。為替の円安基調が支えとなるが、地政学リスクや欧州情勢などの懸念要因が上値を圧迫するとみられる。取引時間中は中国株や為替動向にらみの展開が予想される。国内に手掛かり材料は乏しく、先物主導で振れ幅が大きくなる可能性もある。

日経平均の予想レンジは2万2300円─2万2800円。

前日の米国株市場は、エネルギーや金融セクターが売られ、ダウ平均株価とS&P総合500種が下落。一方、ハイテク株の多いナスダック総合は小幅に上昇した。シカゴの日経平均先物12月限(円建て)清算値は2万2475円。大阪取引所の夜間終値は2万2470円だった。寄り付きは同水準を意識し、売りが先行しそうだ。

外部環境面で不透明感が強く、上値を買う動きにはなりにくい。市場では「2万2500円以下の水準では押し目買いが入りそうだが、方向感は出そうもない。きょうの日本電産(6594.T)から主要企業の決算発表がスタートする。全体よりも個別にシフトする流れだろう」(東洋証券ストラテジストの大塚竜太氏)との声が出ている。

取引時間中は中国株や為替の動きに左右されやすい状況が続くが、日銀は10月に入り、前日まで8回のETF(上場投信)買いを行っている。下がれば日銀ETF買いの思惑で底堅くなる展開も予想される。

主なスケジュールは、10月月例経済報告が公表される。日本電産のほか、東京製鉄(5423.T)、シマノ(7309.T)などが決算発表を行う。米国ではキャタピラー(CAT.N)が決算発表を予定している。海外で重要な経済統計の発表は予定されていない。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      22614.82 24448.07 20347.49

+82.74 2018年10月2日 2018年3月26日

シカゴ日経平均先物12月限 22475(円建て)

*内容を追加して再送します。

河口浩一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below