October 30, 2018 / 10:40 PM / in 15 days

今日の株式見通し=続伸、米株高・円安で堅調 企業決算も見極め

[東京 31日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は続伸になるとみられている。前日の米国株市場で主要3指数が1%超上昇。ドル/円は113円前半と円安方向に振れており、日本株は堅調な地合いが予想される。

さらに3月期決算企業の中間決算で悪くない内容が出れば相場の支援材料となりそうだ。

日経平均の予想レンジは2万1500円─2万1800円。

前日の米国株市場では、前日に軒並み下落していた半導体銘柄が買われ、フィラデルフィア半導体指数.SOXは4%超高と大幅な上昇となった。インテル(INTC.O)が5.2%高でけん引。投資判断の引き上げを手掛かりにしたエヌビディア(NVDA.O)の急伸なども押し上げ要因となった。

シカゴの日経平均先物12月限(円建て)清算値は2万1625円。大阪取引所の夜間終値は2万1640円と現物指数の前日終値を上回っており、東京市場の序盤は買いが先行するとみられる。10月25日につけた高値2万1703円21銭を簡単に上抜ければ、マド埋めを意識する展開もあり得るという。

前日の企業決算発表では、ホンダ(7267.T)、ソニー(6758.T)などの主力銘柄が2019年3月期の業績予想を上方修正した。「アドバンテストも良かった。半導体関連の戻しが注目される」(アイザワ証券の日本株ストラテジスト、清水三津雄氏)という。

日中の主なイベント・経済指標としては、中国の製造業購買担当者景気指数(PMI)、日銀金融政策決定会合の結果と「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」の発表、黒田東彦総裁の会見などがある。

パナソニック(6752.T)、マツダ(7261.T)、村田製作所(6981.T)、東京エレクトロン(8035.T)、武田薬品工業(4502.T)などの決算発表も予定されている。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      21457.29 24448.07 20347.49

+307.49 2018年10月2日 2018年3月26日

シカゴ日経平均先物12月限 21625(円建て)

*内容を追加します。

杉山健太郎 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below