November 4, 2018 / 11:03 PM / 13 days ago

今日の株式見通し=反落、米株安と前週大幅高の反動で利益確定売り

[東京 5日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、反落となりそうだ。2日の米国株安に加え、日本株は前週に大幅高となった反動もあり利益確定売りが先行するとみられる。売り一巡後はあすの米中間選挙を控えて様子見姿勢が広がりやすい。決算発表に関連する個別銘柄の売買は継続すると予想される。

日経平均の予想レンジは2万1800円─2万2200円。

前週末の米国株市場は、トランプ政権幹部が対中貿易交渉を巡る楽観論を打ち消したことや、10月米雇用統計発表後の米長期金利上昇が重しとなり、主要3指数が下落した。為替は1ドル113円台前半とやや円安に傾いているが、シカゴの日経平均先物12月限(円建て)清算値は2万2000円。大阪取引所の夜間終値は2万1980円と下落している。週明けの東京市場は同水準を意識し売りが先行。節目の2万2000円を下回る可能性もある。

日経平均は2日、米中の通商問題が解決に向かうとの期待で556円高と大きく上昇した。市場では「上げ過ぎた印象は否めない。今月末にも米中首脳会談が行われることは下支えになるが、あすの米中間選挙の結果が判明するまで積極的なポジションはとりにくい」(みずほ証券シニアテクニカルアナリストの三浦豊氏)との声が出ていた。

主なスケジュールは、日銀金融政策決定会合議事要旨(9月18・19日分)が公表される。SUBARU(7270.T)、ソフトバンクグループ(9984.T)などが決算発表を行う。海外では10月米ISM非製造業景気指数が発表される。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      22243.66 24448.07 20347.49

+556.01 2018年10月2日 2018年3月26日

シカゴ日経平均先物12月限 22000(円建て)

*内容を追加しました。

河口浩一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below