November 11, 2018 / 11:04 PM / a month ago

今日の株式見通し=続落、米株安を嫌気 戻り待ちの売り優勢

[東京 12日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、続落となりそうだ。前週末の米国株が下落した流れを引き継ぎ、売りが先行するとみられる。日本株は直近の反騰相場に一巡感があり、戻り待ちの売りも出やすい。手掛かり材料に欠ける中、取引時間中は為替や中国株の動向を材料に短期筋の先物売買で振れる可能性もある。

日経平均の予想レンジは2万1900円─2万2300円。

9日の米国株市場は、原油安や中国経済の鈍化懸念を背景に主要3指数が下落した。IT関連株が売られナスダックの下げが大きい。シカゴの日経平均先物12月限(円建て)清算値は2万2125円。大阪取引所の夜間終値は2万2140円と現物指数の前週末終値を下回っている。週明けの東京市場は同水準を意識し売りが先行しそうだ。

世界経済の先行き不透明感などで欧米市場では投資家のリスク選好が後退している。背景には原油価格の下落もあるとみられ、東京市場でも警戒感がくすぶりそうだ。きょうは米国債市場がベテランズデーの振り替え休日で休場となるため商いも膨らみにくい。

市場では「日経平均は200日線と25日線割れ。さらに11月SQ(特別清算指数)値を下回るなど下向きのサインが増えている。前週に2万2500円どころで上昇一服となり、戻り待ちの売りが出やすい」(みずほ証券シニアテクニカルアナリストの三浦豊氏)との声が出ていた。

主なスケジュールは、10月企業物価指数が発表される。大林組(1802.T)、ジャパンディスプレイ(6740.T)、ソニーフィナンシャルホールディングス(8729.T)などが決算発表を行う。海外で重要な経済統計の発表は予定されていない。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      22250.25 24448.07 20347.49

-236.67 2018年10月2日 2018年3月26日

シカゴ日経平均先物12月限 22125(円建て)

*内容を追加しました。

河口浩一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below