November 12, 2018 / 10:54 PM / a month ago

今日の株式見通し=米株安でリスクオフ、日経平均2万2000円割れへ

[東京 13日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、反落が見込まれる。前日の米国株が大幅安となったことで、ハイテク株中心にリスクオフの流れが波及しそうだ。日経平均は節目の2万2000円割れが予想される。

売り一巡後は中国株にらみの展開となるが、世界経済や米通商問題など先行き不透明感が強く、押し目買いも限定的とみられる。

日経平均の予想レンジは2万1700円─2万2200円。

12日の米国株市場は、ダウ工業株30種が602ドル安と急落。ナスダックも大幅安となった。アイフォーン向け部品を製造する複数のサプライヤーが業績見通しを下方修正したことが嫌気された。アップル(AAPL.O)が5%安となり相場の下げを主導。ゴールドマン・サックス(GS.N)など金融株安も重しとなった。シカゴの日経平均先物12月限(円建て)清算値は2万1775円。大阪取引所の夜間終値は2万1840円と現物指数の前日終値を大きく下回っている。朝方は同水準を意識して売りが先行するとみられる。

投資家の不安心理の度合いを示すシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー・インデックス(VIX指数).VIXが再び20を超えてきたことで、投資家心理はリスクオフに傾きやすい。市場では「先物主導で売りが先行し、日経平均は2万2000円割れが視野に入る。バリュエーション面からみて本来は買いを入れるべき水準だが、先行き不透明感が強く、積極的な押し目買いは期待にしくい」(東洋証券ストラテジストの大塚竜太氏)との声が出ている。

主なスケジュールは、鹿島(1812.T)、リクルートホールディングス(6098.T)、三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306.T)などが決算発表を予定している。海外では11月独ZEW景気期待指数が発表される。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      22269.88 24448.07 20347.49

+19.63 2018年10月2日 2018年3月26日

シカゴ日経平均先物12月限 21775(円建て)

*内容を追加します。

河口浩一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below