November 18, 2018 / 10:58 PM / 24 days ago

今日の日本株は上値重い、円高進行と米中貿易摩擦を懸念

[東京 19日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、上値の重い展開となりそうだ。前週末の米ダウ平均が上昇したことで、朝方は押し目買いが先行するとみられるが、1ドル112円後半まで進行した円高や米中貿易摩擦への懸念で、投資家の慎重姿勢は崩れそうもない。取引時間中は手掛かり材料が不足し、膠着した値動きになることも予想される。

日経平均の予想レンジは2万1500円─2万1800円。

16日の米国株市場は、中国に追加関税を課す必要がなくなる可能性があるとのトランプ米大統領の発言を受け、S&P総合500種とダウ平均が上昇した。為替は円高方向に振れたものの、シカゴの日経平均先物12月限(円建て)清算値は2万1745円。大阪取引所の夜間終値は2万1760円と現物指数の前週末終値を上回っている。週明けの東京市場は同水準を意識して底堅く始りそうだ。

懸念材料は米中貿易摩擦だ。パプアニューギニアで開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議は18日、同会議として初めて首脳宣言で合意できないまま閉幕した。貿易や投資を巡る米中の深い溝が明らかになった。今回の首脳会議はトランプ米大統領が欠席。米国からはペンス副大統領が代理で出席した。

市場では「APECの結果が良い話でないことは確かだが、最終的な結論はトランプ大統領の意向で決まる。月末の米中首脳会談に期待が残る以上、売り込むの難しい。投資家は様子見の姿勢になりそうだ」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券投資ストラテジストの三浦誠一氏)との声が出ていた。

主なスケジュールは、10月貿易統計(財務省)が発表される。東京海上ホールディングス(8766.T)、SOMPOホールディングス(8630.T)などが決算発表を予定している。海外では11月米住宅建設業者指数(NAHB) が発表される。

日経平均.N225      21680.34 24448.07 20347.49

-123.28 2018年10月2日 2018年3月26日

シカゴ日経平均先物12月限 21745(円建て)

河口浩一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below