November 25, 2018 / 11:02 PM / 17 days ago

今日の株式見通し=反落、米株安・原油安を嫌気 短期資金は大阪万博関連へ

[東京 26日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、反落が見込まれる。感謝祭明けの米国株が原油安を背景に下落したことで、日本株にも売りが先行。節目の2万1500円の攻防となりそうだ。売り一巡後は日銀ETF(上場投信)買いの思惑が下支えする可能性がある。2025年の万博開催地が大阪に決まり、関連銘柄を物色する動きも予想される。

日経平均の予想レンジは2万1300円─2万1700円。

23日の米国株市場は、原油相場の弱さが続いていることからエネルギー株が大幅安となり、主要3指数が下落した。シカゴの日経平均先物12月限(円建て)清算値は2万1480円と現物指数の連休前の終値を下回っている。3連休明けの東京市場は同水準を意識し、売りが先行するとみられる。

米原油先物は23日、中心限月ベースで2017年10月9日以来約1年1カ月ぶりの安値を付けた。米株安、原油安の影響は東京市場にも波及しそうだが、市場では「直近の下落局面でも2万1500円以下の水準では押し目買いが入った。大きく下振れることはなさそうだ。連休前に日銀は前場わずかの下げでETF(上場投信)買いに動いた。きょうの反応も注目される」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券投資ストラテジストの三浦誠一氏)との声が出ていた。

2025年の国際博覧会(万博)の開催地が大阪に決まったことは市場にとって明るい材料になる。JR西日本(9021.T)、京阪ホールディングス(9045.T)、上組(9364.T)、山九(9065.T)などが関連銘柄になるとみられている。

主なスケジュールは、9月景気動向指数改定値(内閣府)が発表される。海外で11月独IFO業況指数、10月米シカゴ連銀全米活動指数などが発表される。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      21646.55 24448.07 20347.49

+139.01 2018年10月2日 2018年3月26日

シカゴ日経平均先物12月限 21480(円建て)

*内容を追加しました。

河口浩一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below