January 27, 2019 / 10:53 PM / 3 months ago

今日の株式見通し=底堅い、米株高が支え 重要日程を控え様子見も

[東京 28日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、底堅い値動きが見込まれる。米政府機関の一部閉鎖がひとまず解除される見通しとなり、前週末の米国株が上昇したことが支えになるとみられる。一方、ドル/円の上値の重さが意識され、買い上がる動きも限定的となりそうだ。週内は重要日程が多く、様子見ムードの強い相場展開が予想される。

日経平均の予想レンジは2万0650円─2万0950円。

25日の米国株市場は、米政府機関一部閉鎖の解除が明らかになったことで買いが優勢となり、主要3指数が上昇した。一方、円相場は1ドル109円台半ばと若干強含んだ。シカゴの日経平均先物3月限(円建て)清算値は2万0795円。大阪取引所の夜間終値は2万0790円と現物指数の前週末終値をわずかに上回っている。週明けの東京市場は同水準を意識し、底堅いスタートとなりそうだ。

米ウォール・ストリート・ジャーナル電子版が25日、米連邦準備理事会(FRB)がバランスシート縮小計画の見直しを議論していると報じたことを受け、FRBが金融政策の正常化のペースを鈍化させるとの思惑が広がっている。市場では「FRBに関する報道で微妙にドル安・円高に傾いていることが日本株の重しになりそう。海外勢の参加も薄いとみられ、日中は小安くなることも予想される」(SMBC日興証券投資情報部部長の太田千尋氏)との声が出ていた。

主なスケジュールは、日銀金融政策決定会合議事要旨(12月19・20日分)が公表される。海外では12月米シカゴ連銀全米活動指数が発表される。米重機大手のキャタピラー(CAT.N)が決算発表を予定している。

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均.N225      20773.56 24448.07 18948.58

+198.93 2018年10月2日 2018年12月26日

シカゴ日経平均先物3月限 20795(円建て)

*内容を追加しました。

河口浩一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below