February 6, 2019 / 10:57 PM / 16 days ago

今日の株式見通し=上値重い、利益確定や戻り待ちの売りで

[東京 7日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は上値が重い展開が予想されている。前日の米国株は小反落、為替も横ばいで、日本株の押し上げ要因にはならない見込み。続伸したとしても、利益確定や戻り待ちの売りが出て、節目の2万1000円を上抜けしていくのは難しいとみられている。

日経平均の予想レンジは2万0750円─2万1000円。

米国株の主要3指数は小幅に下落。米中通商関係の行方が待たれる中、ビデオゲーム会社が示した売上高見通しがさえなかったことが嫌気された。日経平均先物3月限は、大阪取引所の夜間終値が2万0870円。シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の清算値(円建て)が2万0860円。東京市場でも寄り付きは同水準を意識して、現物指数の前日終値とほぼ同水準で始まるとみられている。

米国のフィラデルフィア半導体が2.6%上昇したことは日本の半導体関連株の安心材料となるが、日経平均は4営業日連続2万0900円台で上値を抑えられており、引き続き2万1000円近辺で売りが優勢になりそうだ。

市場からは「ショートカバーはほぼ一巡し、2万1000円あたりを買う投資家がいない。この水準を超えたとしてもすぐに突き返されるだろう」(みずほ証券のシニアテクニカルアナリスト、三浦豊氏)との声が出ていた。

中国、香港は春節(旧正月)休暇で引き続き休場。JT、SUBARU、丸紅、富士フイルムホールディングス、NTT、メルカリなどの決算発表が予定されている。

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均.N225      20874.06 24448.07 18948.58

+29.61 2018年10月2日 2018年12月26日

シカゴ日経平均先物3月限 20860(円建て)

*内容をついかします。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below