February 28, 2019 / 10:58 PM / 3 months ago

今日の株式見通し=しっかり、円安が支え 上値では利益確定売り

[東京 1日 ロイター] - きょうの東京株式市場で、日経平均株価はしっかりの展開が予想される。前日の米国株市場は主要3指数が小幅安となったものの、為替がドル高/円安方向に振れている。序盤は前日の大引け前に売られた分を取り戻す形で始まるとみられている。ただ、そこから買い上げていくには材料が不足。週末前ということもあり、利益確定や戻り待ちの売りに上値を抑えられる可能性が高い。

日経平均の予想レンジは2万1350円─2万1550円。

米国株式市場は小幅下落。2018年10─12月期の国内総生産(GDP)統計が予想を上回り、相場の下支えとなる一方、企業決算や米中通商協議を巡る懸念が重しとなった。

日経平均先物3月限は大阪取引所の夜間終値は2万1500円、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の清算値(円建て)は2万1490円で、ともに現物指数の前日終値を上回っている。東京市場の序盤は同水準を意識して高く始まるとみられている。

その後、追加の買い材料が出なければ伸び悩みそうだが、売り込まれる材料も今のところは見当たらない。市場からは「東証1部の売買代金が膨らんで、上海株が切り返せば日経平均も2万1500円を超えてくる可能性がある」(みずほ証券のシニアテクニカルアナリスト、中村克彦氏)との声が出ていた。

きょうは中国で2月製造業購買担当者景気指数(PMI、財新)、米国で個人所得・消費支出、ISM製造業景気指数などの発表がある。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長やボスティック米アトランタ地区連銀総裁の講演も予定されている。

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均.N225      21385.16 24448.07 18948.58

-171.35 2018年10月2日 2018年12月26日

シカゴ日経平均先物3月限 21490(円建て)

*内容を追加しました。

杉山健太郎 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below