April 1, 2019 / 11:02 PM / 3 months ago

今日の株式見通し=続伸、世界景気の減速懸念が和らぐ

[東京 2日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、続伸となりそうだ。米中の経済指標が改善し、前日の米国株が大幅高となった流れを引き継ぎ主力輸出株などに買いが先行するとみられる。世界景気の減速懸念が緩和したことでリスクオンムードが広がりやすく、日経平均は3月の直近高値2万1700円台を試す可能性もあると予想される。

日経平均の予想レンジは2万1400円─2万1800円。

1日の米国株市場は、中国製造業PMIのほか、3月の米ISM製造業景気指数が堅調だったことで世界経済の減速に対する懸念が緩和され、ダウ工業株30種が300ドルを超す大幅高となった。為替は1ドル111円台前半の円安基調となっている。シカゴの日経平均先物6月限(円建て)清算値は2万1625円。大阪取引所の夜間終値は2万1650円と現物指数の前日終値を上回っている。朝方は同水準を意識し買いが先行するとみられる。

足元では景気敏感セクターが戻り歩調だが、市場では「米中の指標改善で投資家心理は明るくなりそうだ。売りポジションの買い戻しは続くと予想される。期初で新年度資金の流入期待もある」(東洋証券ストラテジストの大塚竜太氏)という。日経平均は3月22日に付けた直近高値2万1713円を抜けるかどうかが焦点になってくる。

主なスケジュールは、3月日銀短観・企業物価見通し、3月マネタリーベース(日銀)が発表される。海外では2月米耐久財受注(商務省)が発表される。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      21509.03 21860.39 19241.37

+303.22 2019年3月14日 2019年1月4日

シカゴ日経平均先物6月限 21625(円建て)

*内容を追加します。

河口浩一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below