April 18, 2019 / 11:00 PM / 3 months ago

今日の株式見通し=反発、買い先行もみあいか 海外主要国休場で

[東京 19日 ロイター] - きょうの東京株式市場で、日経平均株価は反発となりそうだ。前日の米国株市場では主要3指数が小幅高。為替は1ドル112円近辺で落ち着いた動きとなっており、朝は上昇して始まるとみられる。海外が聖金曜日の祝日(グッドフライデー)で休場となる国が多く、朝高後は動きが鈍くなると予想されている。

日経平均の予想レンジは2万2100円─2万2300円。

前日の米国株は小幅高。3月の小売売上高が前月比1.6%増と、2017年9月以来1年半ぶりの大幅な伸びとなったことや、四半期決算が好調だったことが追い風となった。中国商務省の報道官が、米中通商交渉の合意文書に関する協議で新たな進展はあったと明らかにしたことも支援した。[nL3N2204LG]

ドル/円は前日午後3時時点からやや円安方向に振れている。シカゴ日経平均先物6月限清算値(円建て)は2万2250円。大阪取引所の夜間取引の終値は2万2260円を付けている。朝方の東京市場では買い先行でのスタートとなる見込みだ。

その後、突発的なニュースがなければ、方向感を欠く展開になるとみられる。米国、英国、カナダ、ドイツ、フランス、香港、シンガポール、オーストラリアなど欧米、アジアの各国が休場で通常より参加者が少ない。「前日の日本株は思った以上に下げた。前日売った向きのショートカバーや押し目買いなどで上昇しそうだが、その後は海外が休みで膠着となりそうだ」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の投資ストラテジスト、三浦誠一氏)との声が出ていた。

個別銘柄では、任天堂(7974.T)の動きが注目される。ロイターは18日、騰訊控股(テンセント・ホールディングス)が任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を流通させることを中国の広東省当局が認可したと伝えた。[nL3N2202Y7]市場関係者によると、寄り前の板状況は買い優勢となっている。

きょうは3月全国消費者物価指数、米住宅着工件数なども発表される。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      22090.12 22345.19 19241.37

-187.85 2019年4月17日 2019年1月4日

シカゴ日経平均先物6月限 22250(円建て)

*内容を追加しました。

杉山健太郎

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below