April 25, 2019 / 11:06 PM / 3 months ago

今日の株式見通し=反落、売り先行後もみあいか 10連休前に様子見ムード

[東京 26日 ロイター] - きょうの東京株式市場で、日経平均株価は反落となりそうだ。前日の米国株市場で主要3指数はまちまち。為替はやや円高方向に振れており、朝方は売り先行で始まる可能性が高い。その後は10連休を目前に控えて様子見ムードが強まるとみられ、決算発表のあった個別株への物色が目立つ展開となりそうだ。

日経平均の予想レンジは2万2100円─2万2300円。

前日の米国株市場は、ダウとS&P総合500が下落、ナスダック総合が上昇。半導体のザイリンクス(XLNX.O)は四半期決算で粗利益率が予想を下回ったことが嫌気され17.1%急落した。フィラデルフィア半導体指数.soxは1.8%下落となっている。

足元のドル/円は111円半ばで、前日午後3時前後からやや円高方向に振れている。シカゴ日経平均先物6月限清算値(円建て)は2万2200円、大阪取引所の夜間取引の終値は2万2210円で、ともに前日の現物終値を下回っており、朝方の東京市場では下落してのスタートが見込まれている。

その後は10連休を控えて手控えムードが出るとみられるが、前日決算発表したアンリツ(6754.T)や任天堂(7974.T)などの動きが注目されている。「5G関連で注目されていたアンリツは厳しめの数字を出してきた。会社側の数字を慎重とみるのか、弱気とみるのかマーケットの反応を見極めたい」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の投資ストラテジスト、三浦誠一氏)との声が出ていた。

きょうは3月鉱工業生産のほか、ソニー、日立製作所、コマツ、村田製作所、TDK、東京エレクトロンなどの決算発表が予定されている。海外では、米国で1─3月期国内総生産(GDP)が発表される。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      22307.58 22362.92 19241.37

+107.58 2019年4月24日 2019年1月4日

シカゴ日経平均先物6月限 22200(円建て)

*内容を追加しました。

杉山健太郎

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below