May 30, 2019 / 10:47 PM / 19 days ago

今日の株式見通し=一進一退、米株高が支え 中国製造業PMIに注目

[東京 31日 ロイター] - きょうの東京株式市場で、日経平均株価は一進一退となりそうだ。前日の米国株市場で主要3指数がそろって上昇。為替も1ドル109円半ばと外部環境は落ち着いている。前日終値近辺で始まった後、売り方の買い戻しが入れば節目の2万1000円を回復する可能性がある。一方、米中貿易摩擦の長期化懸念もあり、積極的な買いは入れづらい。中国で発表される5月製造業購買担当者景気指数(PMI)が予想を大きく下回った場合は投資家心理が冷やされて下押しされる展開もあり得る。

日経平均の予想レンジは2万0850円─2万1050円。

前日の米国株市場は売りが一服し、底堅い展開。シカゴの日経平均先物6月限(円建て)清算値は2万0945円、大阪取引所の夜間終値は2万0950円と、ともに前日の現物終値近辺となっており、朝方は同水準を意識して始まるとみられている。

その後は、中国製造業PMIの発表まで様子見ムードが出そうだ。ロイター調査によると、製造業景気の拡大・縮小の分岐点となる50を割り込む見通しとなっており、50を割れても予想通りとして消化される可能性がある。ただ、予想以上に悪化していた場合は、上海株が下落し、日本株も連れ安となるおそれがある。

債券市場では、米中貿易摩擦を巡る懸念から安全資産とされる米債への買いが継続。米10年債利回りが1年8カ月ぶりの水準に低下しており、業種別として金融セクターの地合いは悪い。原油相場が約4%下落したことも原油関連の重しとなりそうだ。

きょうはこの後、4月鉱工業生産指数が発表される。海外では、米4月個人所得・消費支出などの発表も予定されている。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      20942.53 22362.92 19241.37

-60.84 2019年4月24日 2019年1月4日

シカゴ日経平均先物6月限 20945(円建て)

*内容を追加しました。

杉山健太郎

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below