June 2, 2019 / 10:52 PM / in 3 months

今日の株式見通し=続落、米株安・円高を嫌気 為替にらみで振れ幅拡大も

[東京 3日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、続落となりそうだ。トランプ米大統領による対メキシコ関税導入表明を受け、前週末の米国株は大幅安。外為市場では円高が進行している。投資家のリスク回避姿勢は日本株にも波及し、主力輸出株などに売りが先行するとみられる。

日中は為替にらみで振れ幅が拡大する可能性もある。

日経平均の予想レンジは2万0200円─2万0600円。

31日の米国株市場は、トランプ米大統領がメキシコの移民対策が不十分として同国の輸出品に関税をかける方針を示したことで、世界景気の減速懸念が強まり、主要3指数がいずれも大幅安となった。中国政府は6月1日、対米追加関税の引き上げを発動、米中の応酬は激化している。シカゴの日経平均先物6月限(円建て)清算値は2万0425円だったが、3日早朝の取引では2万0300円台まで下落している。週明けの東京市場も大きく下げて始まると予想される。

日経平均は連日の下落で短期的には売られ過ぎとの見方もあるが、市場では「リスク回避の円高が進行すると、先物への投機的な売りやヘッジ目的の売りが出やすくなる。きょうは2万0300円程度が下値めどとなるが、為替次第で先行き2万円を試す展開になることも考えられる」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券投資ストラテジストの三浦誠一氏)との声が出ていた。

主なスケジュールでは、1─3月法人企業統計(財務省)が発表される。海外では5月中国製造業PMI(財新)、5月米ISM製造業景気指数が発表される。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      20601.19 22362.92 19241.37

-341.34 2019年4月24日 2019年1月4日

シカゴ日経平均先物6月限 20425(円建て)

*内容を追加します。

河口浩一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below