July 8, 2019 / 11:29 PM / 3 months ago

今日の株式見通し=上値重い、円安支えに買い先行後は方向感欠く

[東京 9日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は上値の重い展開となりそうだ。外為市場での円安が支えとなり、朝方は買いが先行するとみられるが、米国株の頭打ち懸念でポジションは積み上げにくい。日中は10─11日に行われるパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言を控えて、方向感に欠ける値動きが予想される。

日経平均の予想レンジは2万1400円─2万1700円。

前日の米国株市場は、アップル(AAPL.O)の下落が重しとなったほか、米連邦準備理事会(FRB)による今月末の大幅利下げ観測が後退したことが引き続き嫌気され、主要指数が下落した。為替は1ドル108円後半まで円安に振れている。シカゴの日経平均先物9月限(円建て)清算値は2万1585円、大阪取引所の夜間終値は2万1590円だった。朝方は同水準を意識し、買い先行で始まりそうだ。

日中は手がかり材料が乏しく、方向感のない値動きが予想される。市場では「円安が維持されれば日経平均は節目の2万1500円が抵抗線になり、小幅ながら前日比プラス圏での推移となりそうだ。前日大きく下落した上海株などのアジア市場が落ち着くかどうかが注目される」(東洋証券ストラテジストの大塚竜太氏)という。薄商いが続くとみられる中、為替やアジア株など外部環境次第では先物主導で値が振れる可能性もある。

主なスケジュールは、5月毎月勤労統計速報(厚生労働省)、6月工作機械受注が発表される。海外で重要な経済指標の発表は予定されていない。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      21534.35 22362.92 19241.37

-212.03 2019年4月24日 2019年1月4日

シカゴ日経平均先物9月限 21585(円建て)

河口浩一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below