July 23, 2019 / 10:47 PM / in a month

今日の株式見通し=続伸、米国株高を好感 上値では利益確定売りも

[東京 24日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は続伸が予想されている。前日の米国株主要3指数はそろって上昇し、為替も1ドル108円前半で安定している。投資家心理は悪くなく、東京市場は上昇してスタートしそうだ。ただ、前日に204円高となったこともあり、上値では利益確定売りが出てくる可能性がある。日本電産(6594.T)や信越化学工業(4063.T)など主要企業の決算発表を見極めたい向きもいるとみられ、買い先行後にもみあう展開もあり得る。

日経平均の予想レンジは2万1600円─2万1800円。

米国株市場では、ダウ平均が177ドル高で取引を終えたほか、S&P総合500種とナスダック総合が過去最高値に迫った。コカ・コーラ(KO.N)や航空機エンジン・機械のユナイテッド・テクノロジーズ(UTC)(UTX.N)が通年業績見通し引き上げたことや、米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表らが来週29日に通商協議で上海を訪問するとブルームバーグが報じたことも株価の押し上げ要因となったという。[nL4N24O4B7]

米フィラデルフィア半導体指数(SOX指数).soxは1.23%上昇。好決算だった米テキサス・インスツルメンツ(TI)(TXN.O)が時間外取引で一時約6%高となっており、日本の半導体株の材料となりそうだ。

シカゴの日経平均先物9月限(円建て)清算値は2万1695円、大阪取引所の夜間終値は2万1700円で、ともに現物の前日終値を上回っており、東京市場は続伸で始まるとみられている。チャート的に7月2日に付けた直近高値(2万1784円22銭)を試す可能性もあるが、「決算発表を見なければならない人もいる。どんどん上昇していく感じではない」(東洋証券のストラテジスト、大塚竜太氏)との見方も出ている。

きょうはビーアンドピー(7804.T)がマザーズ市場に新規上場する。日本電産、信越化学工業、三菱自動車工業(7211.T)などが4─6月期決算、キヤノン(7751.T)が1─6月期決算を発表する予定。海外では米製造業購買担当者景気指数(PMI、マークイット)の発表もある。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      21620.88 22362.92 19241.37

+204.09 2019年4月24日 2019年1月4日

シカゴ日経平均先物9月限 21695(円建て)

*内容を追加しました。

杉山健太郎

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below