August 12, 2019 / 11:03 PM / in 3 months

今日の株式見通し=急反落、米国株安を嫌気 香港デモにも警戒感

[東京 13日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、急反落となる見通し。週明けの米国株式市場が軟化したことが嫌気される一方、引き続き円高警戒感が強いことから、主力銘柄を中心に売り優勢の展開になるとみられる。米中貿易摩擦に加え、香港デモなど地政学的な緊張感も懸念されだしており、旧盆休み中で薄商いの中、厳しい展開となりそうだ。

日経平均の予想レンジは2万0200円─2万0600円。

香港の抗議デモ、アルゼンチン大統領予備選での現職マクリ氏敗北、長期化する米中貿易摩擦など、市場の不安が続き、12日の米国株式市場では主要3指数が薄商いの中、そろって大幅安となった。また、外為市場でもドル安/円高に振れたことから、引き続き円高に対する警戒感が強くなるとみられるほか、人民元の動向も気がかりだ。

そうした中、東京株式市場は、旧盆休み中で市場参加者が少なく、薄商いになりそうなことから、少しの売りで一方通行の下げになると警戒する向きが多い。寄り付きに値を消した後、中国株式市場の動きをにらみつつ、下値を探る動きになりそうだ。

キャピタル・パートナーズ証券のチーフマーケットアナリスト、倉持宏朗氏は「米中対立に加え、香港デモの激化が地政学リスクとして強く警戒され出したことも気がかりになる。薄商いの中、厳しい相場展開になるのではないか」との見方を示している。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      20684.82 22362.92 19241.37

+91.47 2019年4月24日 2019年1月4日

シカゴ日経平均先物9月限 20265(円建て)

*内容を追加しました。

水野文也

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below