August 21, 2019 / 10:52 PM / 4 months ago

今日の株式見通し=小じっかり、買い一巡後は節目にらみ一進一退

[東京 22日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、小じっかりした展開が予想されている。前日の米国株が上昇したことを好感し、買い先行となりそうだ。ただ、引き続き市場参加者が少なく、週末のパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の講演を見極めたいとのムードが強い。日経平均は戻りの節目として意識されている9日高値2万0782円06銭をにらみ、買い一巡後は一進一退になるとの見方が出ている。

日経平均の予想レンジは2万0600円─2万0800円。

21日の米国株式市場は、小売り企業の好決算に加え、7月の連邦公開市場委員会(FOMC)で大幅利下げが討議されたことが議事要旨が好感され、ダウ.DJIは240ドル値上がりして終了。一時長短金利の逆転が見られたものの、先週とは異なり株価に対する影響はほとんどなかった。

これを受けて、朝方は先物主導で買いが先行するとみられるが、日経平均は上値抵抗線になるとみられる2万0800円前後の水準を一気に突き抜けるような、明確な上昇波動を描いていくムードにはならないという。

パウエルFRB議長の講演も予定されるワイオミング州ジャクソンホールのシンポジウムを見極めたいという雰囲気があり、引き続き模様眺めとなりそうだ。

市場では「目先はジャクソンホールのシンポジウムが控えるため、マーケット参加者は積極的に動きにくい。警戒感も残っており、トランプ大統領が対中関税第4弾を9月1日付で発動する前後まで、明確な動きが見込めないのではないか」(キャピタル・パートナーズ証券・チーフマーケットアナリストの倉持宏朗氏)といった指摘もある。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      20618.57 22362.92 19241.37

-58.65 2019年4月24日 2019年1月4日

シカゴ日経平均先物9月限 20685(円建て)

*内容を追加しました。

水野文也

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below