February 27, 2020 / 11:00 PM / in a month

今日の株式見通し=大幅続落、リスクオフに支配され売り先行の展開

[東京 28日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、大幅続落が想定されている。新型コロナウイルスに対する警戒が収まる気配がない中で、米国株式市場が連日の大幅値下がりとなったことを受けて日本株も引き続き売りが先行、リスクオフのムードが支配しそうだ。外為市場でドル/円相場が円高に振れたことも株価にマイナス作用する。

日経平均の予想レンジは2万1200円─2万1800円。

27日の米国株式市場は、新型コロナウイルスによる肺炎の世界的な拡大を受け、経済成長を巡る懸念が強まり、主要3株価指数はいずれも崩れ、ダウは1100ドルを超える下落となり、過去最大の下げ幅を記録した。

米株式投資家の不安心理の度合いを示すシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー・インデックス(VIX指数)は11.60上昇し、2018年2月以来の高水準となる39.16で終了した。

一方、外為市場ではドル/円が109円台まで円高に振れている。テクニカル面では売られ過ぎとのサインが出ているものの、相場環境がさらに悪化したことで、株価の先行きに対する不安が一段と高まりそうだ。

市場では「コロナ不況に怯えるような状況となり、リーマン・ショック級の下げ相場が警戒されるようになってきた。ただ、きょうについては週末で、売り方も深追いするリスクがあるため、引けにかけ株価は自律的に引き戻す可能性もある」(岡地証券・投資情報室長の森裕恭氏)との声も出ている。

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均.N225      21948.23 24115.95 19241.37

-477.96 2020年1月17日 2019年1月4日

シカゴ日経平均先物3月限 21225(円建て)

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below