April 23, 2020 / 10:54 PM / a month ago

今日の株式見通し=弱もちあい、重要イベント控えて様子見ムード

[東京 24日 ロイター] -

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      19429.44 24115.95 16358.19

+291.49 2020年1月17日 2020年3月19日

シカゴ日経平均先物6月限 19355(円建て)

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、弱もちあいが想定されている。前日の米国株式市場はまちまち。来週は重要イベントを控えていることもあり、様子見ムードで薄商いの中、日経平均は安寄りした後は方向感が定まらない動きになるとみられる。

日経平均の予想レンジは1万9200円─1万9500円。

23日の米国株式市場で主要3指数は一時1%超上昇したが、その後値を下げ、ダウ工業株30種.DJI以外はマイナス圏で取引を終えた。ギリアド・サイエンシズ(GILD.O)の新型コロナウイルス感染症治験薬の初期臨床試験が失敗したとの報道を受け、労働市場は感染拡大の影響から近く脱するとの楽観的な見方が後退した。

現在のドル/円は107円半ばで、前日午後3時時点とほぼ同水準。シカゴの日経平均先物6月限(円建て)清算値は1万9355円、大阪取引所の夜間終値は1万9370円と、前日の現物終値を下回っている。

日経平均はシカゴ日経平均終値にサヤ寄せする格好で小安く寄り付いた後は、前日終値付近で一進一退になるとみられる。来週は主要企業の決算発表が本格化するほか、27日に日銀金融政策決定会合が開催されるため、様子見ムードで方向感が定まらない動きになるとの見方が多い。

市場では「基本的には様子見ムードが強い1日となりそうだ。個人投資家が目先で動きそうなものを物色する以外は、目立った売買はみられないだろう」(SMBC日興証券・投資情報部部長の太田千尋氏)との声が出ていた。日銀は来週の金融政策決定会合で、追加の金融緩和策を打ち出すとの一部報道については「予想通りではあるので、株式市場での反応は限定的」という。

きょうは国内で3月全国消費者物価(総務省) が発表されるほか、ファナック(6954.T)、アドバンテスト(6857.T)が決算発表を予定している。米国ではミシガン大消費者信頼感指数確報値が発表される予定。

佐古田麻優

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below