April 27, 2020 / 10:27 PM / a month ago

今日の株式見通し=一進一退、米株高を好感 上値は戻り売り

[東京 28日 ロイター] - きょうの東京株式市場で、日経平均株価は一進一退の動きが予想されている。前日の米国株高を好感して上昇しそうだが、節目の2万円が近づくと戻り待ちの売りが出て上値が抑えられそうだ。日本は休日前ということもあり午後にかけて手仕舞い売りも出るとみられ、最終的にマイナス圏で取引を終える可能性もある。

日経平均の予想レンジは1万9600円─2万0000円。

オーバーナイトの米国株市場は主要3指数が続伸し、いずれも1%超上昇して取引を終えた。企業の決算発表が本格化する中、経済活動の一部再開に期待感が広がった。[nL3N2CF4R0]

現在のドルは107.20円台で、前日午後3時時点とほぼ同水準。シカゴの日経平均先物6月限(円建て)清算値は1万9790円、大阪取引所の夜間終値は1万9800円となっており、日経平均は前日の現物終値近辺でのスタートになるとみられる。

4月17日に付けた戻り高値1万9922円07銭を上抜けできれば、次は節目の2万円や、1月高値から3月安値までの下落の半値戻し水準2万0200円台などがターゲットとなるが、これらを目指していくには追加の買い材料が必要となりそうだ。

市場からは「米国では経済活動の一部再開の動きが好感されているが、新型コロナウイルスの流行が深刻なニューヨーク州ではクオモ知事は依然として慎重な姿勢を示している。原油価格も急落しており、日本が休み中の米国株の動きも気がかり。無理に上を買う必要はない」(みずほ証券のシニアテクニカルアナリスト、三浦豊氏)との声が出ていた。

きょうは信越化学工業(4063.T)、オリエンタルランド(4661.T)、NEC (6701.T)、ANAホールディングス (9202.T)などが決算発表を予定。米国ではコンファレンス・ボード4月消費者信頼感指数などが発表される。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225    19783.22 24115.95 16358.19

+521.22 2020年1月17日 2020年3月19日

シカゴ日経平均先物6月限 19790(円建て)

杉山健太郎

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below