July 15, 2020 / 11:05 PM / 22 days ago

今日の株式見通し=もみあい、2万3000円を意識して値固めに

[東京 16日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、もみあいが想定されている。ワクチン開発への期待感から強い地合いが続くとみられるものの、前日の急な上昇に加え、目前に迫った2万3000円の水準は重いため、値を固めることになりそうだ。一方、日証金が日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信について売り禁の措置を実施することの影響が注目されている。

日経平均の予想レンジは2万2700円─2万3100円。

15日の米国株式市場は、新型コロナウイルス感染症ワクチンを巡り有望な初期データが示されたことで上昇した。米モデルナ(MRNA.O)が開発中のワクチンについて、米国の研究者チームは初期段階の研究で安全性が示されたほか、健康な被験者45人全員に免疫反応が見られたとする報告書を公表。モデルナ株は6.9%高で取引を終えた。

これを受けて日本株に一段と買い安心感が高まりそうだが、日経平均2万3000円は強力な節目と意識されているため利益確定売りがかさみそうだ。トライする可能性はあるものの、上値に対して慎重な動きになると想定されている。

そうした中で、日本証券金融が15日、1570 NEXT FUNDS日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信(日経レバ)(1570.T)の新規売り(自己の信用売りを含む)に伴う貸株申込の停止などの規制を実施すると発表したことが注目されている。

市場では「日経レバの新規売り停止は需給面で大きい。個人のマインドに影響を及ぼし、これに伴う買い戻しが活発化する可能性がある」(東海東京調査センター・シニアストラテジストの中村貴司氏)という指摘もあった。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      22945.50 24115.95 16358.19

+358.48 2020年1月17日 2020年3月19日

シカゴ日経平均先物9月限 22890(円建て)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below