July 21, 2020 / 10:49 PM / 22 days ago

今日の株式見通し=反落、円高が重荷 日本電産の決算はポジティブ

[東京 22日 ロイター] -

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      22884.22 24115.95 16358.19

+166.74 2020年1月17日 2020年3月19日

シカゴ日経平均先物9月限 22720(円建て)

きょうの東京株式市場で日経平均株価は反落が予想されている。日本はあすから4連休となるため、積極的にポジションを傾けづらい。ドル/円が円高方向に振れていることや日経先物が下落していることを踏まえて安く始まり、その後はもみあう展開が想定される。前日発表された日本電産(6594.T)の4─6月期決算はポジティブと受け止められており、日本株の下支えになる可能性がある。

日経平均の予想レンジは2万2700円─2万2900円。

オーバーナイトの米国株市場は、ダウが0.60%高、ナスダック総合が0.81%安、S&P総合500種が0.17%高で取引を終えた。エネルギーなど景気敏感セクターが買われた一方、ハイテク株が売られた。[nL3N2ES48E]

現在のドル/円は106.80円台と、前日午後3時時点の107円前半に比べて円高方向に振れている。シカゴの日経平均先物9月限(円建て)清算値、大阪取引所の夜間終値はともに2万2720円と、前日の現物終値を下回っている。日経平均は同水準を意識して安く始まりそうだ。

日本はあすから4連休に入るほか、来週以降、国内企業決算も本格化する。「相場に大きな方向感は出づらい。前日決算発表した日本電産やディスコ(6146.T)など個別対応となるのではないか」(SMBC日興証券の投資情報部部長、太田千尋氏)との声が出ていた。

日本電産の2020年4─6月期の連結営業利益(国際会計基準)は前年同期比1.7%増の281億円だった。売り上げ減に伴う利益の減少はあったものの、原価改善策が奏功し増益となった。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      22884.22 24115.95 16358.19

+166.74 2020年1月17日 2020年3月19日

シカゴ日経平均先物9月限 22720(円建て)

杉山健太郎

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below