for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の株式見通し=反発、朝高後は伸び悩みか 個別は決算見極め

[東京 11日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は反発が予想されている。前日の米国株市場でダウとS&P総合500種が上昇した流れを引き継ぎ、高く始まるとみられる。ただ、このところ国内企業の決算発表に対する株価の反応は芳しくなく、水準的にも2万2500円より上では戻り待ちの売りが出やすい。上値は伸ばしきれず、午後は徐々に上げ幅を縮小していく可能性がある。個別銘柄は決算発表を手掛かりにした売買となりそうだ。

日経平均の予想レンジは2万2300円─2万2550円。

前週末の米国株市場では、ダウが1.30%高、S&P総合500種が0.27%高となる一方、ナスダック総合は0.39%下落して取引を終えた。新型コロナウイルス追加対策を巡る協議の進捗具合が注目される中、物色の矛先がハイテク大手からバリュー株にシフトした。[nL4N2FC3EX]

現在のドル/円は105.95円付近で、前週末午後3時時点の105円半ばからやや円安方向に振れている。シカゴの日経平均先物9月限(円建て)清算値は2万2495円、大阪取引所の夜間終値は2万2450円と、ともに前週末の現物終値を上回っており、日経平均は同水準を意識して高く始まるとみられている。

ただ、上値の重さも意識されそうだ。国内企業が開示した今期の業績予想はさえない内容が多く、投資家の期待を高めるには至っていない。新型コロナ感染者数も高止まりし、経済活動の停滞につながりかねないと懸念されている。

市場からは「米国でナスダックが下落したことを受け、日本のハイテク関連の値がさ株が軟調に推移する可能性がある。きょうは買い一巡後に上値を抑えられる展開になりそうだ」(みずほ証券のシニアテクニカルアナリスト、三浦豊氏)との声が出ていた。

主なスケジュールとしては、ソフトバンクグループ9984.T、NTT9432.T、楽天4755.T、ワークマン7564.Tなどが決算発表する予定となっている。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      22329.94 24115.95 16358.19

-88.21 2020年1月17日 2020年3月19日

シカゴ日経平均先物9月限 22495(円建て)

杉山健太郎

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up