for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の株式見通し=続伸、インフレ警戒が一服 米株高を好感

[東京 17日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、続伸が見込まれる。前週末の米国株式市場で主要3指数がそろって続伸した流れを引き継ぐとみられる。米経済指標が市場予想を下回り、インフレへの警戒感がひとまず一服。米長期金利の低下基調を眺めながら、ハイテクなどグロース(成長)株を中心に買い戻しが先行しそうだ。

日経平均の予想レンジは2万8000円─2万8300円。

前週末の米国株式市場では、ダウ工業株30種、S&P総合500種、ナスダック総合の主要3指数がそろって続伸。4月の小売売上高が市場予想を下回り前月から横ばいとなり、国債利回りが低下。5月のミシガン大消費者信頼感指数は、インフレ懸念が重しとなって低下した。520億ドル規模の半導体生産支援法案が発表間近と報じられ、フィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)は3%高。VIX指数(恐怖指数)は心理的節目の20を下回る18.7に低下した。

東京市場でも、ハイテクなどのグロース(成長)株を中心に、前週に売り込まれた銘柄を買い戻す動きが予想される。ただ、新型コロナウイルスワクチン接種の遅れから、株価の上昇力は米市場に比べ見劣りするとみられており、買い戻し一巡後は上値の重さも意識されそうだ。

市場では「きょうは下がりすぎた銘柄が買い戻されるだろうが、日本株の頭は重そうだ。ワクチン接種が遅れているほか、企業のガイダンス(業績見通し)も弱い」(いちよしアセットマネジメントの秋野充成上席執行役員)との見方が聞かれた。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均      28084.47 30714.52 27002.18

+636.46 2021年2月16日 2021年1月6日

シカゴ日経平均先物6月限 28310(円建て)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up