for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の株式見通し=強もちあい、米株高を好感 戻り売り警戒で伸び悩みも

[東京 25日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、強もちあいが想定されている。米国債利回りの低下と米株式市場の上昇を好感して、買い優勢の展開となりそうだ。ただ、2万8500円より上値は戻り売りの厚さが警戒されるため、前日と同様に後半は伸び悩む可能性が高いとみられる。

日経平均の予想レンジは2万8300円─2万8800円。

24日の米国株式市場は上昇。米債利回りの低下を受け、ハイテク株などに買いが入り、ナスダック総合は1%超値上がりとなっている。10年債利回りは一時、1.60%を下回り、約2週間ぶりの低水準を付けた。

これを受けて日本株は堅調な始まりになるとみられる。米長期金利の上昇に対する警戒感が後退、グロース株に買いが向かいそうだ。地合いが好転するとともに、企業業績に対する見直し機運が高まるとの見方も出ている。もっとも、上値水準では急落前に商いを消化していため、戻り売りが厚いとの懸念があり、もたつく可能性が高い。

市場では「最も警戒されていた米金利に対する不安が後退したことで投資家に買い安心感が生じ、上値が期待できるようになってきた。ただ、前日のように戻り売りに押されるとみられ、2万8500円を固める動きになるのではないか」(東洋証券・ストラテジストの大塚竜太氏)との声が聞かれる。

前営業日終値 来高年初値 来安年初値

日経平均      28364.61 30714.52 27002.18

+46.78 2021年2月16日 2021年1月6日

シカゴ日経平均先物3月限 28495(円建て)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up