for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の株式見通し=一進一退、手掛かり材料難で動きにくい

[東京 27日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、値動きに乏しい展開が想定される。前日の米国株式市場は上昇したものの、全体的には積極的な買い材料に乏しい。日経平均は時間外取引での米株先物やアジア株の動向をにらみながら、前日終値(2万8642円19銭=26日)を挟んだ一進一退の値動きとなりそうだ。

日経平均の予想レンジは2万8500円─2万8700円。

26日の米国株式市場は小幅反発。米10年債利回りが1.6%を下回る水準で推移する中、テスラやアルファベットなど過去数週間にインフレ懸念を背景に苦戦していた銘柄がS&P総合500種の上げを主導した。

現在のドル/円は109.10円付近で、前日午後3時時点の108.79円と比べやや円安。シカゴの日経平均先物6月限(円建て)清算値は2万8610円と前日終値から約32円安い水準。日経平均は前日までに5日続伸となっており、目先利益確定の売り圧力が出やすい。上値は限定的とみられている。

みずほ証券のシニアテクニカルアナリスト、三浦豊氏は「引き続き底堅いが上値も重い展開となりそうだ」との見方を示した。きょう行われるMSCI(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)の指数銘柄入れ替えも指数を抑える要因となる可能性があるという。

MSCIはきょうの終値をもって指数銘柄の入れ替えを行う。日本銘柄では新規採用がゼロ、除外が29銘柄となった。「きょうも売り需要が観測されそうだ」(三浦氏)という。

主なスケジュールでは、米国での4月耐久財受注(商務省)の公表などが予定されている。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均      28642.19 30714.52 27002.18

+88.21 2021年2月16日 2021年1月6日

シカゴ日経平均先物6月限 28610(円建て)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up