for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の株式見通し=もみあい、見送り色強い中で好決算銘柄が下支え

[東京 2日 ロイター] -

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、もみあいが想定されている。米国株安など環境面は不透明なほか、大型連休の谷間で見送り色が強いながら、国内企業の好決算が目立っており、株価全体を下支えしそうだ。決算の内容によって銘柄選別の動きが強まるとみられている。

日経平均の予想レンジは2万6500円─2万7000円。

4月29日の米国株式市場は大幅安。低調な決算を発表したアマゾン・ドット・コムが売られたほか、3月の米個人消費支出(PCE)価格指数の前月比の伸びが2005年以来の大きさとなったことを受け、利上げ懸念が一段と高まった。

米株安は嫌気されそうなほか、明日からの3連休や米国で米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えていることから模様眺めムードになりそうだが、前週末に好決算が相次いだことによって、好決算銘柄が買われることになると想定される。決算内容で物色面の二極化が進む公算が大きい。

市場では「円安の効果が出ているためか、輸出型企業を中心に好決算が目立つ。日本株は、決算の内容で株価が崩れる米国株と異なる動きとなるのではないか」(岡地証券・投資情報室長の森裕恭氏)との声が聞かれる。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均      26847.90 29388.16 24681.74

+461.27 2022年1月5日 2022年3月9日

シカゴ日経平均先物当限 26730(円建て)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up