August 27, 2018 / 11:25 PM / a month ago

再送-UPDATE 1-今日の株式見通し=続伸、連日の米株高を好感 日経平均2万3000円を試す

 (内容を追加して再送します。アドバイザリーの不要な文言を削除しました。)
    [東京 28日 ロイター] - 
               前営業日終値      年初来高値       年初来安値
 日経平均              22799.64          24129.34         20347.49
               +197.87           2018年1月23日    2018年3月26日
 シカゴ日経平均先物9月限  22885(円建て)                    
 
    きょうの東京株式市場で日経平均株価は、続伸となりそうだ。前日の米国株市場でS
&P総合500種とナスダック総合が連日最高値を更新したことで、引き続きリスク選好
の資金が日本株にも流入するとみられる。節目の2万3000円を試すことも予想される
が、足元の上昇ピッチは速い。高寄り後は利益確定売りも出やすい。
    
    日経平均の予想レンジは2万2700円─2万3000円。
    
    27日の米国株市場は、米国とメキシコが北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の
2国間協議で合意に達したことで貿易摩擦を巡る緊張が緩和し、S&P総合500種指数
 とナスダック総合指数 がともに前週末に続き終値で最高値を更新。ダウ
平均株価 も259ドル値上がりした。シカゴの日経平均先物9月限(円建て)清
算値は2万2885円、大阪取引所の夜間終値は2万2900円だった。寄り付きは同水
準を意識し買いが先行するとみられる。
    
    日経平均は節目の2万3000円を試す展開が予想されるが、前日まで5連騰した後
で利益確定売りも出やすい。ドル/円が伸び悩んでいるため為替の追い風も弱い。市場で
は「2万3000円に到達する場面もありそうだが、直近の上昇は薄商いの中、先物主導
の上げだった。リスク資金のほとんどは米国に向かっている状況だ。中長期資金が日本株
にも入るのかどうかがポイントになる」(みずほ証券シニアテクニカルアナリストの三浦
豊氏)との声が出ていた。
    
    主なスケジュールは、 8月米コンファレンス・ボード消費者信頼感指数が発表され
る。国内で重要な経済指標の発表は予定されていない。

    
 (河口浩一)
  
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below