October 25, 2018 / 11:26 PM / 20 days ago

UPDATE 1-今日の株式見通し=反発、米株高と下げ過ぎの反動 買い先行後は様子見も

 (内容を追加して更新します)
    [東京 26日 ロイター] - 
               前営業日終値       年初来高値       年初来安値
 日経平均              21268.73           24448.07         20347.49
               -822.45            2018年10月2日    2018年3月26日
 シカゴ日経平均先物12月   21565(円建て)                     
 限                                                           
 
    きょうの東京株式市場で日経平均株価は、反発が見込まれる。前日の米国株が上昇し
たことで過度なリスクオフが後退。日本株は大幅安の反動もあり、買い戻しや自律反発狙
いの買いなども入りやすい。一方、企業業績の先行き不透明感は根強い。買い先行後は本
格化する決算発表を前に様子見姿勢が広がりそうだ。
    
    日経平均の予想レンジは2万1300円─2万1800円。
    
    25日の米国株式市場は、マイクロソフトなどの好決算を背景にハイテク株
が買われ、主要3指数が反発した。為替は1ドル112円台前半で若干円安に傾いている
。シカゴの日経平均先物12月限(円建て)清算値は2万1565円。大阪取引所の夜間
終値は2万1570円だった。寄り付きは同水準を意識して買いが先行しそうだ。
    
    一方、企業業績の先行きに対する警戒感は根強い。25日の米株市場引け後に四半期
決算を発表した米アマゾン・ドット・コムと米グーグルの持ち株会社アルファベ
ットは、決算内容が市場の期待に届かなかったとして、引け後の時間外取引で
大幅安となっている。国内では前日にキヤノンが業績予想の下方修正を発表した
。
    
    市場では「TOPIXはすでに底割れの形状となり、右肩下がりのトレンドも意識さ
れ始めている。修正には時間がかかると予想される。きょうは自律反発があっても上値は
限定的となりそうだ」(SMBC日興証券投資情報部部長の太田千尋氏)との声が出てい
た。
    
    主なスケジュールは、信越化学工業、日立製作所、オリックス<859
1.T>などが決算発表を予定している。海外では7―9月期米GDP速報値(商務省)が発
表される。
    

    
 (河口浩一)
  
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below