for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の株式見通し=底堅い、ワクチン進展思惑が支援 米株はまちまち

[東京 28日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、底堅い動きが見込まれる。前週末の米国株式市場がまちまちの展開となる中、前週末の現物市場終値をやや下回るシカゴ日経平均先物にさや寄せして利益確定売りが先行しそうだ。ただ、国内での新型コロナウイルスワクチン接種進展への思惑から一方向に売りが広がるとはみられていない。

日経平均の予想レンジは2万8900円─2万9200円。

25日の米国株式市場では、S&P総合500種指数.SPXが続伸し最高値を更新。好決算を発表したスポーツ用品大手ナイキNKE.Nや、自社株買いと配当金支払いの制限解除が発表された銀行株の一角が買われた。この日発表のインフレ指標が予想以上に上振れなかったことも相場を支えた。米長期金利は小幅に上昇し、ハイテク株の多いナスダック総合指数.IXICは5日ぶりに小幅反落した。

日経平均は、シカゴ日経平均先物にさや寄せして小安く始まりそうだが、その後は底堅い動きが見込まれる。国内でのワクチン接種進展を受けた経済正常化への思惑や、ドル/円が110円後半で円安に推移していることが支えになりそうだという。

市場では「ワクチン接種が進む中で売り材料もあまりない。朝方に利益確定売りが一巡すれば切り返すだろう。マイナス圏での推移はさほど長くないのではないか」(東洋証券の大塚竜太ストラテジスト)との見方が聞かれる。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      29066.18 30714.52 27002.18

            +190.95 2021年2月16日 2021年1月6日

シカゴ日経平均先物9月限 29010(円建て)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up