for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の株式見通し=弱含み、米株先物やドル/円にらみ神経質な展開に

[東京 15日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、弱含みが想定されている。新たな手掛かり材料に乏しい中で、軟調な地合いが続きそうだ。時間外取引で米株先物が軟化して始まったことで、下振れして始まるという。引き続き米株先物の動向やドル/円の動きをにらみながら神経質な相場つきになるとみられる。

日経平均の予想レンジは2万1850円─2万2350円。

前週末12日の米国株式市場は、それまでの大幅安を受け安値拾いの買いが広がり、反発。S&P総合500.SPXは200日移動平均を上抜けて取引を終了。終日値動きの激しい展開となり、一時約3%上昇した後、約0.6%安となる場面もあった。

ただ、時間外取引の米株先物は週明け早々軟調なスタート。日経平均先物も時間外でCME先物の終値2万2150円を下回って始まるなど、前週末の軟弱な地合いを引き継ぐ格好になっている。

市場では「とりわけ、深刻になる売り材料は見当たらない中で、先物を仕掛ける動きが出ているようだ。需給への思惑で上下に振れる動きが続くとみられる」(東洋証券・ストラテジストの大塚竜太氏)との声が聞かれた。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      22350.48 24115.95 16358.19

-167.43 2020年1月17日 2020年3月19日

シカゴ日経平均先物9月限 22150(円建て)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up