for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の株式見通し=軟調な展開、米国株式の急落受け利益確定売り

[東京 4日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、軟調な展開が想定されている。前日の米国株式市場が急落したことを受けて、直近の相場で買われたグロース株を中心に利益確定売りが加速しそうだ。一方、売りが一巡した後は、週末で様子見気分が広がりそうなほか、日銀ETFの買いが思惑視されることから、安値圏でもみあうとみられる。

日経平均の予想レンジは2万2900円─2万3300円。

3日の米国株式市場は急反落し、1日としては6月以来の大幅な落ち込みとなった。ダウ工業株30種.DJIの下げは800ドルを超え、ナスダック総合.IXICも約5%安となった。一連の経済指標を受けて景気回復の遅れに懸念が高まる中、ハイテク優良株に売りが出た。

米供給管理協会(ISM)が3日発表した8月の非製造業総合指数(NMI)は56.9と、7月の58.1から低下。経済再開や財政刺激策の効果が薄れている可能性を示唆した。

これを受けて日本株も利益確定売りが先行しそうだ。シカゴ日経平均先物にサヤ寄せして始まり、2万3000円の攻防も考えられる。ただ、国内では売り材料もみられないほか、日銀のETF買いも期待されることから、売り一巡後はもみあうことになりそうだ。

市場では「前日の米株急落もレーバーデーを控えて、利益確定売りが急がれた可能性もある。とりわけ売り材料が目立つ訳でもないため、日本株はいったん下げた後、一進一退の展開になるのではないか」(岡地証券・投資情報室長の森裕恭氏)との声が聞かれる。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      23465.53 24115.95 16358.19

+218.38 2020年1月17日 2020年3月19日

シカゴ日経平均先物9月限 23095(円建て)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up