for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の株式見通し=反発、米株高など支え ハイテク株に買い

[東京 12日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、反発が予想されている。前週末の米国株式市場は続伸、フィラデルフィア半導体株指数(SOX指数).soxは史上最高値を更新した。日経平均は米国株の堅調な流れが支えとなり、ハイテク株を中心に買いが入るとみられる。9日に2021年2月期の決算予想を発表した安川電機6506.Tの株価反応も注目されそうだ。

日経平均の予想レンジは2万3500円─2万3800円。

前週末9日の米国株式市場は続伸。ナスダック総合.IXICとS&P総合500.SPXは週間での上昇率が7月以来、ダウ工業株30種.DJIも8月以来の大きさを記録した。個別銘柄では半導体ザイリンクスXLNX.Oが14.1%高。競合大手アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)AMD.Oがザイリンクス買収に向け協議を進めているとの報道が材料視された。SOX指数は1.78%高となり、史上最高値を更新した。

現在のドル/円は105.60円台で、前週末午後3時時点の105.90円台と比べてやや円高水準。シカゴの日経平均先物12月限(円建て)清算値、大阪取引所の夜間終値はともに2万3560円となっており、前週末の現物指数の終値をわずかに下回っている。日経平均は前週末終値近辺でのスタート後、ハイテク株を中心とした買いが支えとなり、じわじわと上値を伸ばすとみられる。

個別では、安川電機の株価反応が注目されている。同社は9日、2021年2月期の連結営業利益(国際会計基準)が前年比7.9%減の222億円になりそうだと発表。リフィニティブがまとめたアナリスト予想の平均217億円を上回った。会見した小笠原浩社長は、中国ではエネルギーや電気自動車(EV)・半導体関連で「積極的な動き」が見られると指摘した。

市場では「SOX指数の上昇や安川電機の好決算が支えとなり、値がさ株となる半導体・電子部品株や中国関連株に買いが入り、日経平均はしっかりとした動きとなるだろう」(東洋証券のストラテジスト、大塚竜太氏)との声が出ていた。

きょうは国内で8月機械受注(内閣府)が発表されるほか、コスモス薬品 3349.T、コーナン商事7516.Tなどが企業決算を控えている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up