for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-今日の株式見通し=反発、大幅安の反動で 様子見ムード続く

 (内容を追加しました。)
    [東京 2日 ロイター] - 
                        前営業日終値   年初来高値    年初来安値
 日経平均             22977.13       24115.95      16358.19
                                                    
              -354.81        2020年1月17   2020年3月19日
                                      日            
 シカゴ日経平均先物12   23145(円建て                
 月限                   )                           
 
    きょうの東京株式市場で日経平均株価は反発が見込まれている。日経平均は前週末に300円を超す下
落となった反動もあり、自律反発を狙う短期筋の買いで上昇するとみられている。ただ、欧米での新型コロ
ナウイルスの感染拡大や前週末の米株安が重しとなり、上値は限定的となる見通し。今週は米国で3日に大
統領選を控えているほか、国内はあすが祝日に伴い休場となるため、全体的に様子見ムードに支配される1
日となりそうだ。
    
    日経平均の予想レンジは2万3000円─2万3300円。
    
    前週末の米国株式市場は、アップルやフェイスブックなどのハイテク大手の売りが膨ら
み反落した。新型コロナウイルス感染拡大を巡る懸念や米大統領選を目前に控えた警戒感が重しになり、週
間でも3月以来の大幅安となった。週足では、ダウ工業株30種が6.5%、S&P総合500種<.
SPX>が5.6%、ナスダック総合が5.5%下落となった。
    
    現在のドル/円は104.60円台で、前週末午後3時時点の104.20円台と比べてやや同安水準
。シカゴの日経平均先物12月限(円建て)清算値は2万3145円と前週末の現物指数の終値を上回って
いる。日経平均は2万3000円台を回復後、様子見ムードの中、方向感に欠ける動きとなりそうだ。
    
    市場では「いったん買い戻しの動きが優勢となりそうだ。ただ、欧米では感染拡大が深刻化しているほ
か、米大統領選の行方は依然として不透明となっており、地合いは決して良くない。連休の谷間ということ
もあり、薄商いのなか、30日に好業績を発表した村田製作所などの企業の個別物色が中心となり
そうだ」(運用会社)との声が聞かれた。

    きょうの主なスケジュールは、中国で10月製造業PMI(財新)、米国で10月製造業PMI改定値
(マークイット)、10月ISM製造業景気指数などの指数の発表が予定されている。

    
 (佐古田麻優)
  
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up