for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の株式見通し=大幅続伸、米大統領選の開票状況次第で高値波乱も

[東京 4日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、大幅続伸が想定されている。休み中の米国株式市場が上昇したことを受け、買い優勢となりそうだ。シカゴ日経平均先物の終値は、チャート上の節目として意識される10月9日の高値2万3725円58銭を上回り、同終値にサヤ寄せして始まるとみられる。ただ、米大統領選挙の開票状況次第では高値波乱となる可能性もありそうだ。

日経平均の予想レンジは2万3300円─2万3900円。

米大統領選の投票日となった3日の米国株式市場は大幅上昇。結果判明のプロセスが長引かず、追加財政刺激策が早期に打ち出されるとの期待が高まった。世論調査では、民主党候補のバイデン前副大統領が支持率で全国的にトランプ大統領をリードしており、選挙で明確な勝敗が決まり、バイデン氏が約束するインフラ支出を盛り込んだ刺激策が選挙後に実施されることへの期待につながっている。

これを受けて日本株は、朝方から上値追いを想定。シカゴ日経平均終値は2万3830円で終了しており、ここを目指す動きになるとみられる。ただ、買いが一巡した後は、開票状況をにらみつつ神経質な展開となりそうだ。バイデン勝利を織り込んで動いているだけに、開票状況次第では波乱となる可能性もある。

市場では「2万4000円に近づくと売り圧力が強くなるとみられ、買いが一巡した後にいったん止まるのではないか。バイデン勝利に傾斜しているだけに、開票結果次第では波乱も起き得る」(東洋証券・ストラテジストの大塚竜太氏)との声も出ていた。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      23295.48 24115.95 16358.19

+318.35 2020年1月17日 2020年3月19日

シカゴ日経平均先物12月限 23830(円建て)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up