for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の株式見通し=続伸、買い一巡後は過熱感で利益確定売りも

[東京 11日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は続伸する見通しだ。前日の米国株式市場では、新型コロナウイルスのワクチン開発の進展が心理的な支援要因となり、ダウが続伸した。日本株も底堅い展開が予想されるが、連日の高値更新で相場の過熱感も意識され始めている。買い一巡後は利益確定売りが先行する可能性もあり、上値は重い動きとなりそうだ。

日経平均の予想レンジは2万4950円─2万5350円。

10日の米国株式市場は、ダウが続伸したが、ナスダックは続落、S&P500も小反落となりまちまちの展開となった。新型コロナウイルスワクチンの開発が進展し、景気回復を支えるとの期待感から、ロックダウン(都市封鎖)の恩恵を受けたハイテク株が売られる一方、ワクチン普及への期待から景気敏感株への買いが続いた。

ダウが続伸したことを受けて、今日の日経平均は底堅い展開が予想されている。ただ、短期間で日経平均が上昇したことで相場には過熱感もみられ、三井住友DSアセットマネジメント・チーフマーケットストラテジストの市川雅浩氏は、「朝方上昇して買いが一巡した後は、利益確定売りが強まる可能性もある」と指摘する。

一方、「まだこれから買いたいという個人投資家などがいると予想され、今日の日経平均は2万5000円台をキープして取引を終えるのではないか」(国内証券)との見方も出ていた。

今日の主なスケジュールは、国内では東芝6502.T、三越伊勢丹ホールディングス3099.Tなどの決算発表が予定されている。海外では、中国で「独身の日」として恒例のネット通販セールが始まり、消費動向や取引額などに注目が集まる。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      24905.59 25279.94 16358.19

+65.75 2020年11月10日 2020年3月19日

シカゴ日経平均先物12月限 25225(円建て)

*内容を追加しました

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up