for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の株式見通し=もみあい、円高警戒と週末要因で模様眺めに

[東京 18日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、もみあいが想定されている。前日の米国株式市場が好感されるものの、円高が警戒されるほか、週末とあって模様眺めになる可能性が高い。個別ではソニー、トヨタ自動車などの主力大型株がけん引役になるかどうか注目されそうだ。

日経平均の予想レンジは2万6600円─2万6900円。

17日の米国株式市場は上昇して終了。新型コロナウイルス追加景気対策への期待が高まり、主要3指数はいずれも終値で最高値を更新した。9000億ドル規模の追加景気対策を巡る米議会指導部の協議は合意に向けて前進している。

これらが好感される一方、外為市場でドル/円が一時102円台まで円高に振れたことが重しとなるほか、国内における新型コロナウイルスの感染拡大が止まらないことも警戒されそうだ。ただ、引き続き投資家の物色意欲は強い。指数の動きが鈍い中で、活況を呈する銘柄が出てくるとみられる。

市場では「例年のように、参加者が減る傾向がある中で円高が進行し、これが全体を重くしそうだ。ただ、投資家の物色意欲が強く、崩れる雰囲気はない。ソニーとトヨタの動きが注目されそうだ」(岡地証券・投資情報室長の森裕恭氏)との声が聞かれた。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均      26806.67 26894.25 16358.19

+49.27 2020年12月7日 2020年3月19日

シカゴ日経平均先物12月限 26750(円建て)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up