for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の株式見通し=強含み、好地合い引き継ぐ中で循環物色に

[東京 14日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、強含みが想定されている。とりわけ新たな売り材料も見当たらず、前日までの好地合いを引き継ぎそうだ。売り板が薄くなりつつある中で、循環物色が繰り広げられるという。

日経平均の予想レンジは2万8300円─2万8700円。

13日の米国株式市場はS&P総合500種が小幅高で取引を終了。ディフェンシブ銘柄が上げを主導した。米議会でトランプ大統領の弾劾訴追に向けた審議が行われる中、追加財政刺激策の詳細が待たれている。

このところ上昇していた米国債利回りが低下したことで、懸念されていたリスクが後退し、日本株にもプラスに作用しそうだ。

一方、直近の相場では、通常は海外勢の注文が細るとされる後場に上値を追うケースが目立っている。そうした中、全体的に売り板が薄くなっており「まとまった買いが入ると値が飛びやすい。日経平均の3万円回復が現実味を帯びてきた」(岡地証券・投資情報室長の森裕恭氏)という。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up