for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の株式見通し=強含み、突っ込み警戒感から自律反発も

[東京 1日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、強含みが想定されている。前週末の米国株式市場は大きく下落したものの、この動きを日本株はある程度織り込んでいる可能性が高い。決算発表で好業績が目立つ中で、急な下げに対して突っ込み警戒感もあり、押し目買いに自律反発しそうな状況だ。

日経平均の予想レンジは2万7500円─2万8000円。

前週末1月29日の米国株式市場は急反落、ダウ工業株30種は620ドル安で取引を終えた。主要株価指数は週間で昨年10月以来の大幅な値下がりを記録。医薬品ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の下げが響いたほか、このところ続くヘッジファンドと個人投資家の攻防が値動きを荒くした。

日本株は先行して売られていただけに、好決算株を中心に押し目が買われることが想定されている。ただ、ゲームストップなど米国株の投機的な動きに警戒感が残っており、買い一巡後は高値波乱商状が続く可能性が高い。

市場では「好決算などに反応すると思われるが、これまでのようないいとこ取り相場は終わった感じだ。ここからは悪材料に反応しやすくなるだろう」(みずほ証券・シニアテクニカルアナリストの三浦豊氏)との声も聞かれる。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均      27663.39 28979.53 27002.18

-534.03 2021年1月14日 2021年1月6日

シカゴ日経平均先物12月限 27780(円建て)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up