for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の株式見通し=横ばい圏でもみあい、個別物色が中心

[東京 30日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、値動きに乏しい展開が想定されている。オーバーナイトの米国株式市場は反発したものの、東京株式市場では大型連休の谷間となっているほか、月末と週末が重なり、積極的にポジションを傾けづらい。引き続き企業決算を材料視した個別物色が中心となり、日経平均は1日を通して横ばい圏でのもみあいが継続するとみられている。

日経平均の予想レンジは2万8900円─2万9200円。

29日の米国株式市場は、S&P総合500種が終値ベースの最高値を更新。28日に市場予想を上回る第1・四半期決算を発表したフェイスブックは7.3%上昇して最高値を更新し、S&Pとナスダック総合を押し上げた。

27─28日の日程で開催された連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利の据え置きと債券購入プログラムの月額購入額の維持を全会一致で決定。米経済の力強さは増しているとしたが、経済回復支援策を縮小する用意があるとの兆候は示さなかった。

現在のドル/円は108.90円付近で、28日午後3時時点の108.63円付近から小幅に円安。シカゴの日経平均先物6月限(円建て)清算値は2万9075円と前営業日終値(2万9053円97銭=28日)と同水準での推移となっている。大型連休を控えて外部要因で材料が不足する中、日経平均は方向感に乏しい値動きになる公算が大きい。

市場では「ゴールデンウィーク中に五輪開催や緊急事態宣言の延長の有無を巡り、新しい動きが出てくる可能性がある。今は不透明要因が多いため、買いづらい」(国内証券)との声が聞かれる。

主なスケジュールでは、国内で3月鉱工業生産速報(経済産業省)、コマツ、三井物産、東京エレクトロン、商船三井、ANAホールディングスなどの決算の発表がある。中国では4月製造業・非製造PMI(国家統計局)、米国では4月シカゴ地区購買部協会景気指数などが公表される。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均 29053.97 30714.52 27002.18

+62.08 2021年2月16日 2021年1月6日

シカゴ日経平均先物6月限 29075(円建て)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up